勃起不全の治療薬バイアグラの類似品

バイアグラは、1990年代の後半に販売が開始された勃起不全の治療薬で、世界中で爆発的な人気を集めました。元々は狭心症の治療薬として開発されたのですが、臨床試験を行った結果、勃起不全を改善する効果が確認されたことにより、当初とは違う目的で販売されるようになっています。

バイアグラの具体的な作用は、勃起を抑制している酵素の活性を阻害することにより、陰茎周辺部の血管が拡張して血流量が増加し、性的な刺激を得ることで勃起可能な状態になるというものです。この効果は、5時間から6時間程度持続するので、時間内であれば複数回の性行為も可能です。

ただし、バイアグラは精力を増強する様な作用はないので、それだけ身体に負担がかかることになります。また、食事による影響を受けやすいので、効果を発揮させるためには空腹時の服用が適当です。また、服用すると血圧が変動するので、著しく血圧が高い人や低い人、さらに心臓に問題を抱えている人の使用は禁止されています。

バイアグラは、1999年に厚生労働省に承認されており、医療機関で勃起不全の治療薬として処方されています。ただし、非常にデリケートな問題を改善するための治療薬ということで、医療機関ではなくネットなどで購入している人も存在しています。

この様な非正規ルートで販売されているものは、類似品が占める割合が高いと考えられており、マイナスの作用を及ぼす危険があります。このために、医療機関で診察を受けてから類似品ではなく正規のバイアグラを使用するようにしなくてはなりません。類似品には、どのような成分が配合されているのかが分からないので、取り返しのつかない問題が生じる可能性があるからです。